世代間の住宅ローンの組み方について

住宅ローンは一生の長期計画

幸せなリビングルーム一戸建てなり、マンションなり、マイホームを購入することは働いている人の目標の1つとなります。
マイホームを購入するに当たり大半の人が住宅ローンを組んで購入することになりますが、長期的に計画して組むことが重要となります。

現在の生活レベルを落とさないように返済計画を立てよう

35年ローンで組む人が多いですが、毎月今後35年間支払っていくことになります。
もちろん子供の教育費や人生の様々なイベントで必要となるお金を考慮して毎月の返済額を決める必要があります。
そのためには毎月の残業代やボーナスなどの臨時収入をあてに返済計画を組むと実生活が苦しくなってローン返済ができなくなったり、毎月の生活費をきりつめる必要がでてしまいます。
目安としては今現在賃貸物件に住んでいれば毎月支払っている家賃と同じか少し少ない額を返済額とすることが無難です。
そうすれば今現在の生活レベルと変える必要はありません。

家族の人生設計を組むことが住宅ローンのシミュレーションには必須です

子供がまだ生まれていなかったり子供が小さいのであれば、今後教育費や生活費が今よりもかかることになるためどれくらいの時期にいくら必要となるのかを見込んで貯蓄をしていく必要があります。
今後の住宅に支払えるお金をいくらに抑える必要があるのかを計算することができます。
住宅ローンは銀行などの金融機関からお金を借りて利息をつけて返していくことになります。
なので返済期間が短いほど支払う利息をすくなくすることができます。

早期返済をおすすめします

大抵の人が35年ローンで組んで返済していますが、返済期間が長いのでその分支払利息も多くなってしまいます。
ローンを組んだ時期より定年退職までに完済する予定であれば問題ないのですが、収入が無くなる定年後にもローンが残ると生活を圧迫しかねません。
繰り上げ返済で定年までに完済する予定の人であれば最初から定年までに完済する計画としておくことが無難です。