住宅ローンの金利の種類を知っておこう!

住宅ローンには金利別に3種類あります

カウンターキッチンの内側金利の種類を知っておくことが、住宅ローンを使う際に大きく結果が異なるといわれる原因となります。
種類を確認しておくことで良い結果につながると評判です。

全期間固定金利型

第一にすべて金利が決まっている全期間固定金利型があります。
メリットとしては毎月の返済額が決まっているため、中長期的に支払額の変化を気にしなくていいところです。
毎月一定額を返済しておくことで、返済額が途中で変化しないため、非常に便利といわれています。
融資を受ける際には、できる限り金利が低いときに借りることが重要です。
高い金利の時に借りると、金利の支払いによって通常よりも高い返済額になってしまうので、得にならないといわれています。

変動金利型

次に挙げられているのが、変動金利型です。
借りるときの金利が固定金利型よりも低いため、利用しやすいといわれています。
金利が低いときにはリーズナブルな返済額となりますので、お得な返済計画を立てられるのが大きなメリットです。
ただ、一定期間内に金利が変動するため、金融機関側の事情によって、通常よりも返済額が高額になる可能性があるのです。
また、金利が何らかの事情で一度にアップした際には、未払いの利息が発生してしまうリスクがあります。

固定金利期間選択型

これらの2つを併せ持った形が、固定金利期間選択型です。
契約時に決められた期間の金利が保証されているので、期間終了後に金利が見直されて新たな金額で返済が始まります。
固定期間は金融機関によって異なりますので、その金融機関でどれくらい金利が低いときに固定期間で返済できるかがカギとなるのです。
また、固定期間終了後に金利が上昇している場合には、返済額が計画よりも高くなる可能性もあります。
それぞれのメリットとデメリットを確認して融資を受けることで、上手に返済が可能です。