住宅ローンの返済で無理をしてしまった体験談

身の丈に合わない住宅を購入しました

ウッドデッキのリビングルーム持ち家は一生に一度の大きな買物であり、その後の人生の生活環境に大きな影響を及ぼすことから、少しでも良い住宅を購入したいと思ってつい背伸びをしてしまう人も多いのではないでしょうか。
私もその一人であり、周囲の心配をよそに自分の身の丈に合わない高級な住宅を購入し、その住宅ローンの返済にとても苦労した経験があります。

安全な返済には収入の2割が目安となります

一般的に住宅ローンを借りる際は、年間の返済額は収入の2割程度となるように設定すると良いと言われており、実際にローンの貸出を行う銀行もこうした基準を融資判断の際に用いているとされています。
つまり年収が500万円という場合は、年間の利息及び元本の支払い総額が約100万円程度になるローンを組まないと、返済に苦労すると言うわけです。

年収の3割水準の返済で組んだのが失敗でした

ローン返済が出来なくなって家を差し押さえられて競売にかけられてしまったというような苦い体験談を聞いていたにも拘らず、私はどうしても自分が住みたいと思った立地の良い一軒家を購入するために、年収の3割近い金額の返済を毎年行う必要があるローンを組んでしまったのです。
ローンを組んだ際は今後給料水準も右肩あがりで上昇していくから大丈夫だろうという楽観的に考えていたのですが、これが非常に甘い考えであった事を後に痛感させられる事になりました。

返済が追いつかず、住宅ローンの返済計画は破綻しました

実際には会社の業績が傾く中、給料水準は上がるどころか下がってしまい、結果として年収に占めるローンの支払い負担率は4割近い水準まで上昇する事になってしまったのです。
また、給料が下がったあたりから子供の教育費にお金がかかるようになり、給料は子供の教育費と住宅ローンと食費の支払いを終えると手元に何も残らない状態になってしまったのです。
いくら理想の住宅を手に入れても、ローンの返済に苦慮し、日々の生活に困窮していたら何の意味も無いと痛感させられた経験です。