住宅ローンの借換えで負担を軽減させた成功例

住宅ローンの借換えで200万円分の利息を削減!

5年前に住宅ローンを組み、今年、借換えをしました。
借換えによっておよそ200万円の利息を軽減することができました。

金利が低下しているために返済額が圧縮されました

もともと10年の固定金利組んでいたものを変動金利に切り替えたというのも、利息を大きく減らすことができた要因でしたが、金利水準そのものが下がってきていることも大きかったです。
5年前に借りた時には10年固定金利が1%半ばでしたが、今では1%の前半になってきています。
変動金利も住宅ローンを検討した時には1%を若干割っている程度でしたが、借換え時には0.7%近くになっていました。
借換えにより、借り入れ金額は50万円ほど増えましたが、それでも毎月の返済額は4000円強減っています。

借り入れ額は増えましたが総返済額は大きく減りました

借換えによって得られたメリットは利息軽減の他にもあります。
それは繰上げ返済手数料がかからなくなったうえに、1万円から繰上げ返済をすることができるようになったということです。
借換えをする前の金融機関では、繰上げ返済をする際には3%の手数料が取られました。
そのため、ある程度貯めてから返済しようという意識が働き、どうしても繰上げ返済の時期が遅れがちになりました。

繰り上げ返済が容易になったのも大きなメリット

しかし、今回、借り換えた金融機関では、無料なので繰上げ返済がとても気楽です。
しかも1万円以上1万円単位での繰上げ返済ができるので、こまめに返済をしていくことができます。
手続きもインターネット上で完結するため、時間を取られません。
24時間受け付けているので、帰宅がいくら遅くなっても、気になりません。
給料のうち残った分やボーナスの一部を繰上げ返済に充てていく予定です。
借換えをする際には金利を意識するのも重要ですが、繰上げ返済などの特典もしっかりと確認しておくとさらに得をすることができます。